ルボックス

うつの治療に使用される抗うつ剤のルボックスやNaSSAについて

    

抗うつ剤のNaSSAについてここでは見ていきましょう。この薬はSSRI、SNRIについで新しい薬として作られました。セロトニン、ノルアドレナリンの両方にSNRIは働きかけるかと思いますが、こちらはそうではありません。

■再取り込み阻害ではない
新世代の抗うつ剤の多くは再取り込み阻害薬でしたが、この薬は再取り込み阻害薬ではありません。セロトニン、ノルアドレナリンそのものを抑制するa2アドレナリン受容体を遮断することによってセロトニン、ノルアドレナリンは奉仕中されるようになります。ですから効果が即効的に出るという特徴があります。

抗うつ剤としての働き以外にも、鎮静作用があることも特徴です。気持ちがイライラしている人、眠れない人に効果的です。

■ 主な副作用について
主な副作用については、眠気が強くなる、めまいがある、そして動機と肥満の症状があります。もし服用してすぐにこれらの症状があらわれたとしたら、副作用だと思ってしばらくは様子を見たほうがいいでしょう。副作用であることを知った上で服用は続けなければ、抗うつ剤の効果が現れるまでにストップしてしまうことになるからです

■レメロン
有名なものとしてレメロンがあります。2009年に販売されて一番最新のNaSSAです。従来の新世代抗うつ剤と比較すると、クセがある抗うつ剤として知られているのですが理想的な効果を発揮してくれます。副作用もありますのでそれを知った上で服用する必要があります。

即効性がとてもあって効果も強く、深い眠りを誘発する働きもしてくれます。セロトニン以外にも働きかけるので体重増加の副作用もあります。新世代の中でも一番新しい抗うつ剤です。しっかりと理解した上で選択しましょう。副作用があるのでそれも注意しましょう。