ルボックス

うつの治療に使用されるルボックスなどの抗うつ剤のSARIという薬について

    

抗うつ剤の種類にSNRIがあります。これはセロトニン、ノルアドレナリン再取り込み阻害薬という名前の種類です。まだ歴史がとても浅い薬で2000年から使用が開始されていることが特徴です。セロトニンとノルアドレナリンが再取り込みされるのを阻害する働きがあります。

■二つの神経伝達物質
このSNRIの特徴はセロトニンとノルアドレナリンの二つの神経伝達物質に働きかけることによって再取り込み阻害をするという特徴があるのです。神経活動の活発化を促進することができるという特徴があります。ですから効果が出るのがとても早いことも特徴です。

■副作用について
抗うつ剤に限らず、どのような薬においても副作用はありますので、その副作用を理解しておく必要があるでしょう。SNRIの副作用は、ほかの副作用と同様で吐き気、口渇、便秘、めまいやふらつき、頭痛等があります。

■シンバルタ
シンバルタはSNRIの薬の商品名です。気持ちが落ち込んでいる人は気分が上がり不安も和らげる働きがあります。成分のシンバルたがターゲットにするのは脳の中で神経伝達を補っているセロトニン、そしてノルアドレナリンです。この二つの物質に働きかけます。

セロトニンは気分を楽にしてくれる働きがありますし、ノルアドレナリンは意欲をアップさせる働きがあります。

■エフェキソール
エフェキソールも抗うつ剤の種類の一つです。一番販売数が多いと言える種類です。うつ病だけでなく、対人恐怖症や不安障害に対しても働きかけます。セロトニンとノルアドレナリンだけでなくシナプスのすべてのトランスポーターの阻害に効果をあらわしてくれることが特徴です。

このように抗うつ剤のSNRIといっても種類があり、それぞれに副作用等もありますが、自分に合うかどうか考えた上で選択する必要があります。