ルボックス

うつの治療に使用される抗うつ剤のルボックスやSSRIという薬について

    

抗うつ剤といえば代表的なものがおのSSRIかもしれません。これは選択的セロトニン再取り込み阻害薬といって、軽度から中度のうつの症状のある人に使われる薬です。現在うつの治療としては一番主流といってもいいでしょう。

■新世代の抗うつ剤
新生代の抗うつ剤としてこれまでの抗うつ剤よりも副作用が安定していて少ない特徴があることで知られています。SSRIの抗うつ剤を使うことで脳内の、セロトニンを増やすことができます。そして意欲が低下していた人、やる気が低下していた人はやる気と意欲を高めることにもつながるのです。

■脳内でセロトニンが増えると?
脳内でセロトニンが増えるとどうなるのでしょうか。まず、うつ状態だった症状や不安、恐怖や強迫症状が会った人は、これらが緩和されます。色々と精神症状を抱えていた人はこれらを改善させることにつながるのです。

■副作用があるので注意
主な副作用としては吐き気、口の渇きや便秘、ふらつき等が現れたり頭痛が現れることもあります。副作用はだいたい飲み始めてからすぐに症状があらわれてきますので、実は薬の効果よりも早いのです。ですから飲んですぐに副作用があらわれますので、薬の効果を待たずして中断したり、やめてしまう人もいます。

それでは治療になりません。服用してから効果を感じるまでには早くて1ヶ月は余裕を持っておいたほうがいいですから、最初に副作用が出たとしても頑張ってしばらくは飲み続ける必要があるでしょう。プロザック、ジェイゾロフトという商品名で知られているSSRIは比較的副作用も少ない薬ですので安心して飲み続けることができるでしょう。

後者は日本で初めての再燃性が発生しない抗うつ剤でもありますから再発防止にもつながります。