ルボックス

うつ病の治療に使用されているルボックスのような抗うつ剤についての正しい知識

    

抗うつ剤の服用を検討している人は何かしらの、うつの症状があらわれているのではないでしょうか。ストレス社会の日本ですから、うつに悩む人は多く、それほど珍しい病気でもありません。会社員だけでなく主婦や学生でもうつになる人はいるのです。

■うつ病とは
うつ病、これは強い抑うつ状態が長期間続くことで日常生活に支障が出てしまった状態のある症状です。誰でも何か嫌なことがあれば落ち込むと思いますし、気持ちも凹むこともあるでしょう。何をしても意欲がわかないこともありますので、これは普通のことだと思います。

ですが大半のケースはリラックスしたり気分転換をすれば改善されるものなのです。何か楽しいことを考えることで良くなります。一時的に気持ちが落ち込むことはいいのですが、そうではなくて、何もかもにやる気が起こらない状態になって、脱力感が続く、それが2週間以上続くような場合にはうつ病になるのです。

脱力感のみならず、不眠、食欲が減退してしまったり、頭痛や吐き気の症状が出てくることもあります。

■このような症状があらわれたらうつ
対して眠れていないのに、朝早く目が覚めてしまう、ドキドキと胸が痛かったり息切れ、息苦しさを感じる、めまいをおこすことが時々ある。何を食べても美味しいと思えず、胃もたれやむかつきを感じることもあるでしょう。食欲もなく、近頃痩せてきた人、頭痛や微熱が続いている、体がだるくて疲れやすい傾向にある人もうつの症状の傾向です。

■うつは早期発見が重要
うつ病は実は珍しいことではなく、20歳以上の人の7パーセント以上の人が一度はかかったことがあると言われていますし、現在も4パーセントの人はうつ病で悩んでいると言われているのです。ということは人口から考えると日本では600万人以上の人が経験していることになるのではないでしょうか。

ですが実際に症状を自覚している為に医療機関に受診し、通院している人というのは全体の25パーセントにしか過ぎません。うつ病は早期発見、早期治療を開始すれば軽度なら軽い薬を服用すれば回復に向かうのです。しかし長時間放置しているとなかなか治りにくくなりますし、きつい薬を服用しなければいけなくなりますので、その分体への負担も大きくなるでしょう。

うつ病の治療に使用されているルボックスのような抗うつ剤についての正しい知識

■心療内科の受診
心療内科の受診は補助の制度がありますので、薬代や治療費は1割負担だけで済みますので、経済的な問題から受診を躊躇している人は、受診すると良いでしょう。気持ちが落ち込んでいる人が身近にいるのであれば、少し気にかけてあげて周囲の人が病院へ連れていくことも重要なアプローチとなります。

引き合い:ルボックス 眠気 http://www.ntp-k.org/medicine/mental/faverin.html

■なぜうつになるのか
なぜうつになるのでしょうか。うつは性格、考え方等によっても罹患しやすさが違います。体内の脳内物質の変化ももちろん関係しているので、単純に考え方の問題だけではありません。仕事の辛さや何かしらのストレスを受けたときにうつ病はきかっけとなり発症することが多いでしょう。

これは神経伝達物質の障害等もこれらをきかっけにして起きることになるのです。脳内のセロトニンが不足したことで症状は出やすくなりますので、例えば気分転換を促したり、日光が普段当たるように外に出たりして日常生活の中で改善すべきことを検討していく必要があります。

うつの原因やうつがどのような症状名のかわかったでしょうか。抗うつ剤を治療使うことになりますが、副作用には気をつけて服用する必要があります。